結婚相談所・東京都杉並区・高円寺


9月2010

9/30 季節外れのビアガーデン 高尾山ビアマウント

9月も終わりですね。。

ここのところ急に涼しくなり、あまりにも暑い日が続いていたためか、体が対応しきれず寒いくらいに感じてしまいます。

さて、夏の風物詩といえばビアガーデン。

賑わったビアガーデンも9月で終了のところが多いので、過ぎ行く夏の名残を惜しむため、すべりこみで高尾山のビアガーデン「ビアマウント」に行ってきました。

今は空前の山ブームですし、都心から近い高尾山はいつでも大混雑。

カワイイ格好の山ガールたちのグループも多く見られました。

自然の中を歩いたあとに呑むビールはまた格別だとは思うのですが、私たちはこの大自然の中のビアガーデンのみを堪能するべく、たっぷり電車に乗って、ケーブルカーに乗って、山は全く歩かずビアガーデンに直行しました。

夏真っ盛りには何時間も待つというのがお約束だったようですが、さすがにこの季節になると待ち時間もなく、自然の中にいながらにして眼下にキラキラの夜景を見ながら、適度に人が入った店内でゆっくり楽しむことができました。

それにしてもこのビアガーデン、始まってからもう40年以上経つのだとか?

最近よく話題になるので気になってはいましたが、そんなに歴史があるとは知りませんでした。

今回はじめて行ってみて、あの環境はやっぱり格別だと思いました。

でも、せっかくの環境をさらに楽しむためには、ビアガーデンにふさわしい時期に、しっかり山中を歩いてから立ち寄る方がさらに楽しいに違いない。とも思いました。

当たり前だけど。

山でのビールにはちょっと寒すぎました。。

来年またチャレンジしたいと思います!

9/20 ハートのエースが出てこない

先日、入会のご相談のため、ある方とお会いしました。

その方のお友達も、結婚相談所を通して最近ご結婚されたとのことで、ご本人も頑張ってみようと思われたようです。

これから結婚相談所に登録をしようという友達にむけて、すでに結婚したお友達が送った言葉とはこんな言葉だったそうです。

「お見合いするにあたっては、イヤな思いをすることもあるだろうけれど、ゼッタイ途中であきらめたらダメ!続けていればゼッタイいいことがある!とにかく続けることだ!」と。

その通りだと私も本当にそう思います。この言葉に、お見合いに向かう気構えが全て集約されているように思います。

よく例えられことですが、お見合いとは、カードを引いていくようなものです。

52枚のカードの中に、ハートのエースはたった1枚。

1枚ずつひいていって、いったい何番目にハートのエースは出てくるのでしょうか?

3枚目に引き当てる人もいるでしょうけれど、52枚目に出てくる人もいるわけです。

51枚までひいたけど、もうイヤになってそこでやめてしまったら、もうハートのエースには出会えなくなってしまいます。

あと1枚だったのに。。

ハートのエースを引き当てるには、ひたすらカードをひきつづける努力と根気が必要です。

とはいえ、これは結構つらくなることもありますよね。

途中でイヤな思いをする。もういやになる。

でも、そんな思いを乗り越えて継続することで、ずいぶん学ぶこともあり、それがハートのエースを呼び寄せる力にもなっていくのではないかと思います。

成功哲学においては、強く思うことなしに、成功などありえない。というのが柱となる考え方ですよね。

心が強く呼ばないものは、自分に近づいてこないということです。

「人生なんて思い通りにいかないさ!」と思うその気持ちが、思い通りにいかなくさせてしまうといわれます。

お見合いも同じ。

こんなことしてても、いい人になんてどうせ出会えない。なんて思っていると、本当にそうなってしまいかねないですからね。

やるからには、前向きな強い気持ちをもってのぞみましょうね!

イヤなことがあったり、不安になったら、相談室のカウンセラーにぶちまけていいのですよ。

スッキリしたら心機一転、また新たな気持ちで、継続することを何より第一に頑張りましょう!

9/11 自立のためには

結婚するためには少なくとも自立していることが必要です。

不況下でなかなか自立しづらい状況が結婚を遅らせる一因ともいわれています。

普通に大学を出ても就職できる可能性は高いとはいえず、大学院まで行ったとしてもよほどの専門分野でなければ就職に関してはそれほど有利なわけではないといわれます。

会社に就職することが道の全てではないにしても、独立意識の低い日本で生きていくには一番てっとり早いのは就社であり、若者もそれを望む傾向にあるようです。

そう考えると、現代日本は若者にとっては非常に厳しい状況であることは言うまでもありません。

とはいえ、これは既に言われて久しい問題。

今更全てをご時勢のせいだけにもできなくなってきた昨今、いったいどうしたらよいのでしょうか?

不況だからと嘆いてばかりいると、どうも鬱々として元気がなくなってきますが、知り合いにこんな方がいました。

お子さんと今後について話し合った結果、大学を卒業しても職がなかなか見つからないのであれば、いっそ高卒で就職してしまおう!と、普通課ではない専門分野の高校に進学し、そこでトップの成績をとり、超優良企業に推薦で就職する方法を目指したそうです。

そして当のお子さんもそれを実行に移し、トップの成績で、見事予定通り、景気の波をうけないゼッタイつぶれないと思われる、超優良企業の就職を勝ち取りました。

まさしく発想の転換と計画性。目的意識と実行力の勝利といったカンジです。

一般的に優良とされる企業に就職できることが本当によい結果につながるかは人それぞれですが、一生そこにい続けなければならないわけでもないとすれば、就職してからだって選択肢は広がる一方であり、スタートの時点でそれを否定する理由は何もありません。

不況の波が押し寄せると、親の懐具合とは逆に、予定外の進学やら留学やらが増えるとききます。

それはそれで、頭や心が柔軟な若いうちに多くを学ぶ機会に恵まれるすばらしいことですし、本人の意志も尊重されることとなり有意義な結果につながることも多々あるのでしょう。

一方、高卒で超優良企業に就職する方向性を決定するためには、中学2年から3年時には将来を見定める力が必要です。

この眼力は本人の意志というより親の先見の明がものを言うことになりそうです。

高校生の求人倍率も決して高くはないことを考えると、この親子のように全て計画通りにいくことは少ないと思いますが、これからの日本を生き抜くためには、本人の意志を尊重し、選択の時期を後ろ倒しするだけでなく、選択の時期を前倒しにすることも考慮し、親子一丸となって相当早い時期からキャリアを柔軟に考えられなければ、経済的自立の道は難しく、ひいては結婚や親の老後生活にも影響が出ることになりそうだ。と深く考えさせられる出来事でした。

9/8 忙しい人

「忙しい」という言葉を連発する人がいます。

 「忙しい」にもいろいろあると思うのですが、ここでいう「忙しい」は、いつマシになるか見通しのつかない、恒常的な忙しさのことでず。

特に男性に多いような気もしますが、入会時のお話の時、活動中、お見合いの席でさえも、枕詞のようについつい「忙しい」を使ってしまうんですね。

よほど本当に忙しいんでしょうけれど。。

でも、これって聞いている側としては、あまりよい印象を受けないものなのです。

使い方によっては、相手の要望をかなえられないことをあらかじめ言い訳しているかのような、軽い拒絶の印象を与えかねないと思います。

特にお見合いの席で「忙しい」は使わない方がいいでしょう。

男女限らず、お見合いの席で「忙しい」を連発すると、暇な時にしか会えないような(暇つぶし?)、自分の優先順位が低いような、この先進んでもあまり楽しくないような印象を相手に植え付けかねません。

本当にそういう意味を込めて敢えて使うのであればいいのですが、そこまで意識して使っているわけでなく、単なる口癖なのであればやめておいた方が無難です。

家族や友達、誰に対してであっても、自分の誠意や愛情を伝えるためには、まず自分の時間を割くこと、割く気持ち、が大切だと思います。

会って一緒に時間を過ごすことができないにしても、留守電にメッセージを残す時間、短いメールを送る時間、時間は短くてもその一つ一つが大きな信頼に育っていくのだと思うのです。

要は、時間の長さではなく、気持ちの問題ですよね。

「忙しい」を連発しすぎると、自分までもがその言葉の暗示にかかって動けなくなってしまいます。

働き盛り、遊び盛りの婚活世代の方に、忙しくない人なんているんでしょうか?

忙しいのは百も承知!

それでも大切な人を見つけたいと思うのであれば、まず「忙しい」という言葉を封印し、積極的に出会いを優先してみてくださいね。

本当に暇になる時まで待っていると、定年になってしまうかもしれませんよ(笑)

12月12日(日)倶楽部ミドル・パーティー お子様のいらっしゃる方、ご再婚の方も!

結婚したい時が適齢期!
1人より誰かと一緒に過ごす〝幸せ〟見つけに来ませんか?
お子様のいる方、ご再婚の方も大歓迎!


日時:2010年12月12日(日)
受付11:30  開会12:00 ~ 閉会14:30
会場:渋谷東武ホテル
東京都渋谷区宇田川町3-1
TEL:03-3476-0111
会費:男性¥10,000  女性¥8.000 (消費税込み)
——————————————————-
<資 格>
男性:40歳以上
女性:相応の方

11月7日(日) under☆age39 Party

39歳までの若い方が集まる人気のパーティです。
雅やかな風情で非日常を愉しめる目黒雅叙園での開催です。
同年代の結婚相手をさがしている方は是非ご参加ください!

日時:2010年11月7日(日)
受付11:30  開会12:00 ~ 閉会14:30   
会場:目黒雅叙園
    東京都目黒区下目黒1-8-1
    TEL:03-3491-4111
会費:¥12,000 (消費税込み)
——————————————————-
<資 格>
男女とも39歳迄の方、女性は成婚料自己負担出来る方