結婚相談所・東京都杉並区・高円寺


5月2014

5/31 紫陽花

中野駅の線路脇の道。

夏のような日差しが照りつける中、色とりどりの紫陽花 が綺麗に咲いています。

そういえばこれは紫陽花の木だったっけね。

花が咲くと足を止めて写真を撮る気にもなりますが、花 が咲いていないと何の木なのか、さらには木があることすら忘れて足早に通り過ぎていました。

花の力はやはり絶大です。

もう5月も終わり。

梅雨に向けて、紫陽花主役のシーズンです。

紫陽花

5/29 阿川佐和子さん

私は阿川佐和子さんが大好きです。

素晴らしく優秀な方だけど、人を威圧しない気さくで明るい雰囲気でトークも軽快。

相手が一般人の若者であろうと政財界のおエライ方であろうと同じ調子で近づいていって、相手の心を開かせる天性の高いコミュニケーション能力をお持ちで憧れます。

そして何を言っても憎たらしさを感じない。

60歳とは言え、女性の可愛らしさは年齢ではないのだなぁ。といつも思います。

そんな阿川さんがよく自虐ネタとして話題にされるのが過去30回にわたるお見合い経験。

私がこの仕事を始めるかなり前、阿川さんの30回のお見合い経験の話を読んだ時はその回数に驚いたものですが、今となってはさほど驚くべき回数でもないと思うのです。

お見合いというのは、一人一人に会う度に、色々なことを学び考え自分自身を省みて、徐々に感覚を磨いてご縁に至るものですから、30回が一概に多いとは言えません。

とはいえ、回数が多くなるにつれご本人は疲れを感じるでしょうから、なるべく早いうちに出会えるにこしたことはないですが、回数が多いからどうとか、少ないからどうとか、そういう次元から離れた、全てを含んで一人の人との出会いのプロセスだと思うのです。

先日のTVタックルでは「結婚できない国ニッポン」と銘打って、20代女子の婚活事情を取り上げていました。

そしてそんな女子達に「そんなこと言ってると私みたいになっちゃうわよ~!」と喝を入れていた阿川さんですが、そう仰らず、阿川さんも改めて婚活やってみられたらいいのにな。と失礼ながら思ったのでした。

そうはいってもあの地位まで上り詰めた女性です。

ちょっとやそっとの男性ではOKできるはずもありませんが、あそこまで到達している女性だからこそ、ここへきてさらに長年の夢をかなえたら、さらにさらに世界は広がって・・・それこそ日本中に勇気を与える気がします。

阿川さん、もう結婚願望はないのでしょうか?

でもまだまだ先は長いのだし、あんなにステキなのだから、諦めるには早いように思います。。

5/27 ご成婚体験談 

ブライダルブリッジのホームページにご成婚者の体験談 が掲載されています。

それをご覧になった方から、「成婚する男性は少ないの ですか?」とご質問がありました。

いえいえ、そういうことではないのですよ~!

男性もコンスタントに成婚を決めていらっしゃいます。

でも体験談って、お願いしてもなかなか書いていただけ ないのですよね^^;

照れくさいし面倒くさいし、結婚が決まると忙しい し。。

こちらも「強制するのも何なので・・・」と思っている と、男性に限らず女性もなかなか書いていただけず、一向に増えていきません。

成婚された皆様~、今度は活動中の皆さんを励ます番で すよ~!

男性も女性も、お待ちしてますね~♪