結婚相談所・東京都杉並区・高円寺


7月2017

梅雨が明けました\(^o^)/

梅雨の間も、関東ではあまりそれらしいお天気ではなかったとはいえ、梅雨明けのニュースは嬉しいものです。

これから始まる短い夏。

夏のイベントは、毎年多くのご成婚へのドラマを生みます。

思い出多いひと夏になるよう、がんばりましょう!

別れ際の余韻

人の出会いにおいては初対面の印象が重要で、その印象は3~5秒で決まるとも言われます。

お見合いで、明るくにこやかな笑顔でのご挨拶が大切!としつこく言われるのはそれ故ですね。

でも、お見合いから帰ってこられた会員さんのお話を伺っていると、それに負けない位大切なのが別れ際の印象です。

例えお見合い中に悪い印象が無くても、この先について悩んでしまうのが別れ際のこんなこと。

・挨拶もそこそこに、逃げるように帰って行った。
・ハッキリお礼を言わなかった。
・しつこい感じがした。
・妙にあっさりしていた。
・駅まで歩くスピードが早かった。

などなど、お見合いを終えて最後の最後にお相手に疑問を残してしまい、それ以降につながらないなんて本当に残念です。

出会いの瞬間、緊張のために例えにこやかな笑顔でご挨拶できなかったとしても、その後話しの中で挽回のチャンスはありますが、別れ際の印象に挽回の余地はなく、その余韻がその方の印象となって残りがちです。

お見合いにおいては、別れ際のご挨拶も決してあなどれません。

この先つながるか否かは別にして、感謝の気持ちを言葉にし、品位あるご挨拶で、さわやかな余韻を残したいですね。

人生、最後に残るもの

先日、看護師さんをされている会員さんとお話していた時の彼女の一言です。

「収入なんてこの先どうなるかわからないものだし、資産にしたって、今そこそこあっても、途中でなくなっちゃうこともあるんですよ。」

大学病院での最先端医療現場、老人医療の現場などで様々な患者さんやご家族と接し、様々な人生に触れながら、あらゆる相談を受けてきた方だからこそ、と思われる非常に重い一言でした。

最後に残るもの、残せるものって何なのだろう?

本当に考えさせられます。