結婚相談所・東京都杉並区・高円寺


8月2019

2019 東京高円寺阿波おどり

この週末は、東京の夏を彩る風物詩、高円寺阿波おどりが開催されました。

約6000人の踊り手、約100万人の観客が、我が地元高円寺の町に集まり、今年も活気づきました。

そして毎年思いますが、このお祭りが、ちょうど季節の変わり目を告げることにもなりますね。

だいぶ涼しくなった風が、鳴り物、掛け声、興奮を静かに運んでいくようでした。

夏祭りが終われば、次は収穫祭!

実り多い秋になりますように!!





人を好きになれない病気

「私、人を好きになれない病気じゃないかと思うんです…」

そう女性会員さんから相談を受けて、思わず笑ってしまったことがあります。

今まで誰にも全く愛情を感じたことがないとすれば問題ですが、婚活の流れにおいてはこの感覚、当初は当然といえば当然だと思います。

男女が全く知らない相手と結婚を意識して初めて出会った時、女性はまず相手を疑い警戒します。

どっかヘンなんじゃないか?

何かあるんじゃないか?

すぐに悪い所がみつからなかった人にほど、どこかに何か隠してはいないかと警戒しまくり、それでも悪いところがみつからないと最後には、

「こんなイイ人、婚活市場に残っているなんておかしい」

とまで仰います(^^;

この状態では、まぁ、好きにはならないでしょうね。

性格はもちろん趣味嗜好、考え方、クセ、金銭感覚、生活スタイル全般ひとしきり警戒し、どうやらこの人は本当に大丈夫な人らしいと思ったところから、いっきに感情が動き始める。というか、本当はその前から動き始めている感情を、抑えに抑えて頭だけがフル回転しているような感じでしょうか。

つまりそう簡単に好きになれないのは女性ゆえ、そして結婚を強く意識しているからでもあるでしょうね。

一方男性は、警戒から入ることがないので初対面のインパクトでハイテンションになることは多くあります。

その後数回会うごとに現実的になり、下がっていってしまうこともあるかもしれませんが、この波形の違いは男女大きく違うところです。

いずれにしても初対面の印象は大切ですが、女性は自分の警戒し過ぎによって本当によい人を失ってしまわないよう、意識の片隅においておくとよいですね。

はれて警戒期間が過ぎれば進展は早い。

病気ではないですよ(^O^)

スマイリング・シンデレラ

20歳の渋野日向子選手が全英女子オープンで快挙!!42年ぶりの日本女子メジャー制覇に沸いています。

結果やプレー内容はもとより、世界中を魅了したあの笑顔(^▽^)笑顔(^_-)笑顔(^O^)

大会中ずっと、特に最終日の優勝がかかる緊張の18番ホールに向かう途中でも笑顔をふりまく様子には、みんな驚きを隠せない様子です。

でももともとは、それほど笑顔じゃない時もあったらしい。

プレー中ふてたりイラついたり、そのプレースタイルに喝を入れられたこともあるようですが、あのレベルまで到達するとは、あらゆる鍛錬の賜物なのでしょうね。

誰かの名言にもあった。「楽しいから笑うのではない。笑うから楽しいのだ。」

そうでした!!

笑顔は周囲のために。それ以上に、自分のためでした。

自分自身を落ち着かせ、前向きにさせ、幸せを呼び寄せる、誰もがもっている術、武器であり戦略でした。

深刻になり過ぎず、まずはニコニコしよう!笑っていよう!

ご縁の神様だって、その方が近寄りやすいですよね。

8月のお見合い

「ぼーっとしてきて、山手線、逆に乗っちゃいました( ̄▽ ̄)」

この週末のすごい暑さの中、お見合いを終えた会員さんからご報告がありました。

大変だったよね(>_<)

電車逆に乗っちゃったの、お見合い帰りでホントよかったけど。

8月。

暑いからといってお見合い数が減るかといえば、そんなことはありません。

夏休みが入る分お見合い可能日が増え、この時に頑張ろう!という方も多くいらして、例月よりむしろお見合い件数は多く、週末も朝早くから夜まで活況です。

ここでの頑張りは、必ずや実を結ぶことでしょう!

それにしても日本の気温、夏は40度近く、冬は零度。

気温40度の差をほぼ半年ごとに上がったり下がったりしているのですから、体調管理も大変ですよね。

無理をせず、体も心も頭も休ませながら、暑い夏を乗り切り幸せをつかみましょう!

ブライダルブリッジは、夏季休業なく、通常通り営業しております。

お問い合わせやご相談もお気軽にご連絡下さい(^^)/