結婚相談所・東京都杉並区・高円寺


3月2010

結婚20年!

先日主人の友人にお会いする機会がありました。



その方、現在48歳でお子さん二人。28歳の時に同い年の奥様と結婚されたので、今年で結婚20年とのことでした。



20年経ってどうですか?」



と私が質問すると、しばらく考えてから



「もう彼女なしでは俺はナンにもできないと思うよ。」



と答えられました。



とても想いのつまった一言に「すばらしい?!!」っと私たちも思わず声をあげました。



とてもマメな方なので、「ナンにもできない」は家事ができないというわけではありません。



20年の間にはいろいろなことがあり、そのたび二人で乗り越えてこられたのでしょう。



夫婦といえども、最初は他人。違う環境で育ち、別々に生活をしていた二人が一緒になるのですからいろいろ大変なこともあるでしょうけれど、一つ一つを乗り越えていくうち、いつしかこんな境地に立つのですね。



熟年離婚が話題になる昨今ではありますが、実際はこのような素敵な熟年夫妻の方がはるかに多いのだと思います。



日本人の男性は、思っていてもなかなか口に出して言えないのが悪いところ。



結婚20年経った方からこのような言葉を聞けることは少ないので、結婚11年の私たちにとっても、非常に貴重な先輩の一言となりました。



奥様にもぜひ聞かせてあげてほしいですね。





高円寺の結婚相談所 ブライダルブリッジ



































春よ来い!

この土日はとても暖かかったですね。



今年は3月になってもとても寒い日があったので、いよいよ春らしくなってきて嬉しくなります。



土曜日は横浜でお見合いがありまして、私もアテンドに向かいました。



横浜駅はいつもどおりたくさんの人でごったがえしていましたが、みんな薄着になって、暖かい風に吹かれながら行き交う光景は、いかにも楽しそうで春を感じました。






私は時間が許す限りお見合いの場には顔を出すようにしています。



時間によっては顔合わせのみとなる場合もありますが、ほんのご挨拶だけでも雰囲気はわかりますし、会員さんにも安心すると言っていただけるので。



ご挨拶をすませたあとは二人を送り出すことになりますが、この瞬間が結構私は好きなのです。



初めて会った二人が、照れたように話し笑いながら並んで歩いて行く姿を見ると、「がんばれ?!!」と声援を送りたくなります。



この土曜日も、大きめの彼と小さめの彼女のほほえましい後姿に「うまくいきますように!!」と思わず拝みたくなりました。






幸いこの二人はお互い好印象。






コンカツをしているみんなのところに、早く春がくることを願ってやみません。





高円寺の結婚相談所 ブライダルブリッジ























































お誕生日、ありがとう!



私、誕生日を迎えました。 ありがとうございます。!!!





しかし、1年というのはあっという間ですね。





今年もまた、皆さんのご縁をまとめることができるよう、一生懸命頑張っていきたいと思います。




コンカツをされている皆さん、それから、これから始めようかな?と思っている皆さん、年を重ねると結婚のチャンスがなくなるわけでは決してありませんが、コンカツに力を入れるのは、1年でも、1ヶ月でも、1日でも早いにこしたことはありません。





すでに始めている方は無駄な時間を過ごさないよう、開始を迷っている方はとりあえず少しでも早く開始してみてくださいね。活動しながら学ぶこともとてもたくさんあるはずですから。。






コンカツはとりあえずむやみにやるだけでなく、いつまでにどんな状態になっていたいのか?を具体的にイメージすると、モチベーションになってよいかと思います。





次の誕生日はどんな状態で迎えたいのか?次のクリスマスは?お正月は?





そうすることで、気持ちの起伏をコントロールしながら、停滞することなく、着々と運命の人に近づいていけるように思います。





私も来年の誕生日に向かって具体的な目標を立てました。

それぞれの目標を達成できるよう、頑張っていきましょう!!







高円寺の結婚相談所 ブライダルブリッジ
 






















ビビッとこなくても。

お見合いのあとにもう一度会うかどうか?を深刻に考えすぎる方がいらっしゃいます。



真剣に考えていただくのはいいのですが、深刻になりすぎてはいけません。



深刻に考える方というのは、ここで「会う」といってしまったら結婚しなくてはいけないような気がしてしまい、2度目会うのを躊躇してしまうというような方です。



お見合いのあと「いい人だとは思うけど、結婚相手には見えなかった。」とおっしゃる方も多いのですが、それは当然そうだと思いますよ!



初対面の1時間から2時間程度で、いったいどれほどお相手のことが理解できるでしょうか?しかもお互いに緊張している中で。



お見合い1回の中でお相手について自分が確実に理解できるのは、

「もう二度と会いたくない!」か「もう1回会ってみてもいい」か。くらいだと思います。



2回目、3回目と少しずつ打ち解けていろいろわかってきた時点で、この方とのお付き合いはやはり考えられないな。と思えば、その時点で相談室経由でお断りすればよいのです。



いつでもお断りはできるわけですから、この辺りは普通の恋愛と全く同じ、むしろ自分で断らなくてよいので気楽ですらあると思います。



イヤなカンジを受けなかったのであれば、2度目、3度目とお会いしてみることをオススメします。



恋愛でも「嫌なやつ!」という印象からスタートするケースもよくききます。



お見合いでは「嫌なやつ」と思ってしまえばそこまでですが、「嫌じゃない」はよい方向に発展する可能性が大いにあると思います。



運命の人といえども、必ず初対面で「ビビッ!」とくるとは限りません。



「ジワッ」とくるのもまた運命の人です。



成婚者の話によると、ジワッとくるのは実際3回目以降が多いのです。



イヤじゃなければまず3回。を実践してみていただきたいと思います。





















高円寺の結婚相談所 ブライダルブリッジ