結婚相談所・東京都杉並区・高円寺


3/14 地震にあたり

3月11日におきました、東日本大震災に被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。

地震のあと繰り返しテレビで流される惨状を見ていると、とても現実のものとは思えず、CGの映像であるかのようにさえ思えます。

あの一瞬のうちに流された街の中に、数万人の幸せな生活があったのかと思うと、本当に心が痛み泣けてくる思いです。

あの日地震がおきた時、主人は錦糸町に、私は日本橋におりました。

地震の後しばらく様子を見ていましたが、交通機関は復旧しそうにないと思った私は、すぐに自宅高円寺を目指して歩き出しました。

歩き始めた時間が早かったことも功を奏し、約3時間半かけて19時過ぎに無事自宅に到着することができました。

主人は帰宅難民となり、11日もそろそろ終わるかと思われる深夜、やっと家に到着しました。

東北地方の被害の甚大さに比べると、この程度の被害で収まった東京の状況が不思議なくらいです。

当然のように日々享受している平穏な生活も、いつ失われても不思議ではなく、いつまで続けられるかは運だけなのだと思います。

まだまだ余震も続く中、本格的な混乱はこれから始まるのかもしれませんが、何より一人でも多くの方の命が救われ、被災地で不便な生活を強いられている方々が、少しでも快適な環境を得られることを祈ります。