結婚相談所・東京都杉並区・高円寺


9/30 ハッキリしてよ!

今月ご成婚が決まった女性が退会時に仰いました。

「私、押しに弱いんです…♡」

お見合いから半年。

ここまでゆっくり進んできたお二人でしたが、首尾一貫していたのは彼の態度。

よほど彼女に惚れ込んだのでしょう。

ひたすらひたすらアタックし続け、当初は迷いながらだった彼女も、その彼の態度に徐々に心が傾き、ついにこの素晴らしい日を迎えました!!

本当によかった!おめでとう♪

この彼のように、ハッキリと自分の気持ちを言葉や態度にあらわす事。

これがどれほど大切なことであるか、男性陣にぜひご理解いただきたいと思います。

男性と女性では、思考回路も感じ方も何から何まで全く違う生き物だと思っていて間違いありません。

ですから、「言わなくてもわかるでしょう?」というのは、ありえない。

お見合いから2か月位の間、毎週のように会い、「結婚したら・・・」などの話題をたとえ出していたとしても、「結婚を前提に正式にお付き合いして下さい!」というハッキリとした言葉がなければ、女性にしてみればそれはお付き合いの内に入っていないも同然で、何のために会っているのかもわからなくなってくるものなのです。

ご入会前に、「交際期間は3か月が目安です。」というお話しをすると、「そんなに早く決められないですぅ~!」と仰る女性は多いですが、気持ちが入ると女性は2か月待てない方も多い。

私と結婚する気はないのではないか?他の人とお見合いしているのではないか?交際しているのではないか?

不安が不安を呼び、こうなると男性への信用は失墜し、よい結果につながるはずもありません。

そのために、頃合いを見計らって相談所が間に入り、双方の気持ちの確認は行いますが、「できれば直接言って欲しい!」というのが女性の気持ちでもあります。

女性の不安は、男性の断固とした態度によってのみ安心へと変わるのです。

男性のみなさん!ここが、その「ここ一番!」ってところですよ。

腹をくくって、ハッキリ伝えて、押しまくってみて下さいね。